1. TOP
  2. UV-AとUV-Bは何が違う?日焼け止めクリームを選ぶポイントはコレ!

UV-AとUV-Bは何が違う?日焼け止めクリームを選ぶポイントはコレ!

 2014/07/17 スキンケア
この記事は約 3 分で読めます。 1,085 Views

紫外線のダメージは毎日の生活の中で日々蓄積されています。気になるのがシミやそばかすですが、他にもシワやたるみの原因にもなっているので注意が必要です。

そこで今回はUV-AやUV-Bなどの特徴と、日焼け止めクリームを選ぶ時のポイントを紹介したいと思います。

紫外線の種類

紫外線にはA波とB波とC波があります。C波はオゾン層でカットされ地表に届くのがA波とB波です。UV-AやUV-Bと呼ばれています。UV-Bは肌表面までしか届きませんが、日焼けをしたときの赤くヒリヒリしたりひどい時には水ぶくれを起こします。シミやそばかすの原因になっている紫外線です。

一方UV-Aは皮膚の奥深くの真皮にまで到達しますので、コラーゲンなどにダメージを与えるため肌のたるみやシワの原因になっています。UV-Bと比べて急激なダメージを与えませんが、日常生活での買い物や洗濯物干しなどで浴びることでダメージが蓄積されています。

そんなダメージから肌を守るために必要なのが日焼け止めクリームです。UV-Bを防ぐのがSPF値でUV-Aを防ぐのがPA値で表示されています。

『SPF値』と『PA値』の表示の意味

SPF値で選ぶ日焼け止め

SPFとはUV-Bを浴びてサンバーン(肌が赤くなってヒリヒリすること)を起こすことをどの程度防げるかという目安の数値です。通常、平均的な日本人は約20分間紫外線を浴び続けると、サンバーンを起こすと言われています。

たとえば、「SPF10」の日焼け止めを塗れば、20分間の10倍の200分(3時間20分)までサンバーンを起こす時間をの伸ばすことができるということです。このことから、日常使用することを考えるとSPF20が標準的です。

PA値で選ぶ日焼け止め

一方PAとはUV-Aを浴びて肌が黒くなる作用を防ぐ力を表す指標です。「+」「++」「+++」の3段階で表示されます。「+」はタンニングが起こる時間を2~4倍に引き延ばします。「++」は4~8倍、「+++」は8倍以上引き延ばせるということです。日常使用するなら「++」程度で十分でしょう。

さいごに

面倒な場合は、数値が高いものや+が多いものを選べてば良いと考えがちですが、肌への刺激が全くないわけではないので必要以上に数値の高いものを選ぶことは避けましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

肌Bjinの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肌Bjinの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Bjin

Bjin

この人が書いた記事  記事一覧

  • 森泉おすすめのヘルシーフード!メレンゲの気持ちで紹介!

  • やりくり上手になれる食費を節約するコツ!【買い物準備編コツ6つ】と【買い物編コツ7つ】まとめ

  • 1人暮らし家計の予算の立て方!月収30万円で月3万円貯金出来る理想の割合とは?

  • 貯金が出来る家計バランスとは?出費の中身を知る支出チェック法

関連記事

  • 保湿に必須!セラミドの生成を促進する栄養素と食べ物は?

  • 消せるシワと消せないシワの対処法で見た目年齢改善!

  • 肌質チェックにhuntkeyのフェスタを購入!乾燥肌・オイリー肌どっち?診断の結果は?

  • 皮脂膜の役割と再生に欠かせないものとは?

  • 肌老化を防ぐ抗酸化作用がある成分や食品とは?

  • 薬用美白成分を13種類と薬用以外の美白成分2種類紹介